page top

患者さんの権利

宇多野病院は、医療が患者さんと医療関係者との信頼関係の上に成り立つものであり、医療の中心はあくまでも患者さんであることを深く認識し、患者さん自らの意志と選択により最善の医療を受けていただくことが大切と考えています。

従いまして、私たちは以下のことを守り、患者さんの医療に対する主体的な参加を支援して参ることをここに宣言します

1.患者さんの人格を尊重します

患者さんは、治療や検査等を受けるにあたり、個人として常にその人格や、価値観などが尊重され、医療従事者との相互の協力関係のもとで医療を受けることができます。

2.良質な医療を平等に提供します

患者さんは、社会的立場、人種、民族、信条、性別、障害の有無等にかかわらず、良質な医療を平等に受けることができます。

3.治療や検査についてわかりやすく説明します

医療に関する説明や情報の提供に際しては、インフォームド・コンセントを尊重し、 医療従事者からの一方的なものでなく患者さん中心の立場で良好なコミュニケーションのもとに、患者さんの理解と納得を得られるように努めます。

患者さんには、自分の受けている医療について知る権利がありますので、わからないことがあれば、医療従事者に質問してくださるようお願いします。
また、診療情報についても「診療録等の開示に関する取扱規程」に基づき患者さん本人に開示します。

4.患者さんの意思を尊重します

患者さんは、自覚症状など治療にかかわる情報をできる限り正確に伝え、十分な説明と情報提供を受けた上で、自分の自由な意志に基づいて治療方法を決定し、あるいは断ることができます。勿論、セカンドオピニオンをお求めになることも可能です。

臨床治験(新たな薬等の効果を確認するために患者さんを対象に行う臨床試験)等については、十分な説明と情報提供を受けた上で、自分の自由な意志に基づいて同意あるいは断ることができます。これら治験等の実施については、当院内の治験審査委員会の審議を経るなど適正な手続きに努めています。

5.患者さんのプライバシーを守ります

患者さんは、診療の過程で得られた個人情報の秘密が守られ、患者さんのプライバシーは厳格に保護されます。