page top

HOME>診療科・部門>部門のご紹介>栄養管理室

栄養管理室

栄養管理室の紹介

栄養管理はすべての疾患治療の基本です。栄養管理室ではチーム医療の一翼を担う部門として、適切な栄養管理のもと、患者さま個々に応じた食事の提供を行い、栄養面から疾患治療をサポートしています。

基本方針
  1. 質の高い栄養管理の提供
    入院時に患者さまお一人お一人に対して医療スタッフが栄養管理の計画をたて、栄養状態の評価を行っています。栄養状態が良くない場合には、主治医の指示のもと栄養サポートチーム(NST)が栄養状態の改善をサポートします。食事をスムーズにとることができない患者さまへは、嚥下造影検査(VF検査)をチームで行っています。
  2. 安全な食事、患者さんのニーズに則した食事の提供
    衛生管理に十分配慮した安全な食事を提供しています。
    患者さまの中には、食べ物を噛んだり飲み込んだりする力(咀嚼・嚥下機能)が弱くなり、低栄養状態(PEM)になる方がおられます。そのような患者さまには、食材を軟らかく調理して食べやすい大きさにカットしたり、ペースト状にするなど、できるだけ食べやすい形態に調整して食事を提供しています。
    糖尿病、高血圧・心臓病、脂質異常症などの疾患別の食事にも対応しております。
    常食では嗜好面を考えて、毎食2種類のメニューからの選択が可能で、お好きな方を選んでいただけます。
  3. わかりやすく、実践可能な食事指導を提供
    心臓病や高血圧、糖尿病などの疾患をお持ちの患者さまには、必要に応じて主治医の指示のもと、わかりやすく実践的な栄養食事指導を積極的に行っています。また、嚥下食についても調理方法などの説明を含めた指導を行っております。
スタッフ
管理栄養士 2名
その他 15名(給食:全面委託)
嚥下造影検査=VF(Video Fluoroscopic examination of swallowing)

摂食嚥下のプロセス 画像
『摂食・嚥下障害支援サイトswallow』より
http://www.swallow-web.com/index.html

嚥下障害の症状として一般的に知られているのが、食事中の “むせ” です。しかし、むせの無い誤嚥(ごえん)が非常に多いのも事実です (不顕性誤嚥) 。
嚥下造影検査は「Video Fluorgraptic examination」の頭文字をとってVF検査といいます。 患者さまに造影剤入り検査食を嚥下してもらい、検査食の流れと貯留状態、嚥下関与器官の動きを、X線透視画像として観察を行います。 障害部位の判定をし貯留・喉頭進入・誤嚥などの病態評価を行ないます。左記の摂食・嚥下のプロセスを参考にし、嚥下造影画像を見ながら嚥下障害を評価します。評価方法の中でも重要な検査法の1つです。

咀嚼、摂食・嚥下

咀嚼とは摂取した食べ物を歯で咬み、粉砕することです。これにより消化を助け、食べ物からの栄養をとることが出来ます。唾液分泌を促したり、脳内の血液量の増加や覚醒効果をもたらしたり、リラックス効果などがあります。
摂食・嚥下は、食物を認識して口に取り込むことに始まり、胃に至るまでの一連の過程を指します。 ヒトの摂食・嚥下は口腔期、咽頭期、食道期の3期に区分します。「食」における一連の動きを問題とした場合は、先行期、準備期を含めて5期に区分します。 咀嚼、摂食・嚥下がスムーズに行えてこそ口から食べ物の栄養を摂ることができ、健康で長生きする事につながります。口から食べ物が摂れなくなった場合は、胃瘻を造ったり、鼻からチューブを使って直接栄養剤を注入することで、栄養を摂ることができます。

低栄養状態=PEM(Protein Energy Malnutrition)

その人に必要な量のたんぱく質とエネルギーがとれていない低栄養状態を「Protein energy malnutriton」の頭文字をとってPEMといいます。同時に、ビタミンやミネラルなど各種の栄養素も不足し、 体重減少と免疫力の低下を招き、感染症など多くの病気にかかりやすくなります。

入院中のお食事について

当院の給食は、京都ケータリング株式会社のクックチル方式による病院給食の提供となっています。クックチルを生かした衛生管理・精度管理・嗜好面等、患者さまに喜んでいただける食事の提供に日々努力しています。

食事時間:朝食は8:00~  昼食は12:00~  夕食は18:00~

食事の主な特徴
  • 毎日のメニューが選択できる
    選択食として:患者さまの嗜好に合わせて、常食は朝食・昼食・夕食時にそれぞれ2種類のメニューより入院して3日後から選んでいただけます。
  • お誕生日、特別な日には
    行事食として:嗜好面を考慮し、お誕生日食や行事食なども実施しています。
  • 食事が飲み込みにくいのですが
    嚥下食として:咀嚼、嚥下(食べ物を噛んだり飲み込んだりする力)障害向けの食事の形態(食べやすい形にする)を積極的に取り入れた食事の提供を行っています。
    4. 塩分・カロリーをひかえなくてはいけないのですが特別治療食として:糖尿病、心臓病、高血圧症、脂質異常症など治療食が必要な患者さまには適切な特別治療食を提供し、主治医の指示のもとに栄養食事指導、栄養管理を積極的に行っています。
普通食の例
行事食
クックチル方式

クックチルとは、加熱調理(芯温(しんおん)80℃/1分以上)した食品を急速冷却し(加熱後30分以内に冷却を開始し、90分以内に芯温3℃に冷却)、喫食時間に合せて再加熱し提供する調理システムです。冷凍保存のような食品の劣化がなく「味」と栄養分を損なわず製造日を含めて5日間の保存が可能です。多種多様な病院給食では衛生管理をより完全な形で実現し、適時適温給食が可能となります。

特別治療食等について
  1. 糖尿病食
    当院の糖尿病食には、1000kcal/day、1200kcal/day、1400kcal/day、1600kcal/day、1800kcal/dayの5段階の種類があります。普通の形態の他に、いずれも食材を軟らかく調理し食べやすい大きさにカットしたり、ミキサーにかけるといった形態調整にも対応しています。
    毎週金曜日には糖尿病外来があり、入院・外来に関わらず栄養食事指導にも積極的に取り組んでいます。
  2. 減塩食
    心臓病食、高血圧食、腎臓病食(腎炎・ネフローゼ食)などの減塩食は、塩分制限が3段階に分かれており、3g/day、5g/day、6g未満/dayの食事を提供しています。減塩食のわりには食味が意外とおいしいとのご意見もいただいています。また、食種ごとに食形態の調整も対応しています。
  3. 脂質異常症食
    脂質異常症の病院食には脂質異常高コレステロール食と、脂質異常高トリグリセライド食の2種類があり、脂質異常高コレステロール食は脂質エネルギー比が20%以下となっています。脂質異常高トリグリセライド食の糖質エネルギー比は50%以下となり治療食としての制限食となっています。また、他の特別食と同様に食種ごとの食形態調整にも対応しています。

栄養食事指導

糖尿病、心臓病、高血圧症、脂質異常症などの疾病をお持ちの患者さま、嚥下障害があり食事形態の調整が必要な患者さまなど、栄養食事指導が必要な患者様には医師の指示のもと、わかりやすく実践可能な指導を、患者さまの疾病や状態およびニーズにあわせて行っております。
ご家族の方も一緒に受けていただけます。

個別栄養指導
入院・外来の患者さま 午前・午後 予約制 予約制 予約制 予約制 予約制

※主治医の予約オーダーが必要です。

実施場所
  • 入院患者さま:病 棟
  • 外来患者さま:外来栄養指導室 ※予約日時にあわせ栄養指導室にお越しください。
嚥下造影検査
集団栄養教室  
高血圧教室 毎月 第1水曜日 15時~16時
糖尿病教室 毎月 第2水曜日 15時~16時

※主治医の予約オーダーが必要です。

実施場所
  • 院内の中央会議室棟

嚥下食の工夫・嚥下造影検査

嚥下造影検査
入院・外来の患者さま 午後 なし なし 予約制 なし 予約制

※主治医の予約オーダーが必要です。

嚥下造影検査は放射線科X線TV室にお越しください。
入院中の患者さまは、病棟の看護師が案内いたします。

嚥下造影検査

①とろみジュース ②ゼリー ③ジュース ④粥 ⑤ホットケーキなどの検査食
造影剤入り検査食材は(栄養管理室で準備)します。

嚥下食の工夫

嚥下障害がある患者さまには、患者さまの嗜好を満たしながら、食べやすくするための工夫をしています。食材を軟らかく調理したり、カットする、ミキサーにかける、ペースト・ゼリー状にするなどして提供し、安全に食べていただけるよう務めるとともに栄養状態の維持・改善、基礎体力の維持向上に努めています。

栄養サポートチームによる嚥下造影検査等を積極的に行い、患者さま及びご家族さまに対し、嚥下造影検査結果画像を示しながら状況の説明と適切な食事形態のアドバイスなどを行っており、入院中の適切な食事提供にも役立てています。退院に向けては、在宅での食事について、栄養食事指導を通してわかりやすく指導しています。

嚥下食の例
嚥下困難軟菜米食・全粥食 嚥下困難軟食・ソフト食
  • ごはん・全粥
  • 鶏肉の香味焼き
  • スープ煮
  • 里芋とくさ煮
  • 果物(パイナップル)
  • つぶし粥
  • 鶏肉の香味焼き
  • スープ煮
  • 里芋とくさ煮
  • プロッカ
嚥下困難軟食 ブレンダー食 嚥下困難軟食 ミキサー食
  • 全粥
  • 鶏肉の香味焼き
  • スープ煮
  • 里芋とくさ煮
  • プロッカ
  • 全粥ミキサー
  • 鶏肉の照り煮
  • スープ煮
  • 里芋とくさ煮
  • ブイクレスゼリー
嚥下困難軟食 ゼリー食  
  • 主湯ゼリー
  • 鶏肉の照り煮
  • スープ煮
  • 里芋とくさ煮
  • ブイクレスゼリー
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

栄養サポートチーム(NST)の活動

栄養サポートチーム栄養状態の悪化を防ぐことは、病気に対する治療を有効に行うためにも、健康を維持するためにも大切です。入院時には必ず全患者さまを対象に主治医、看護師、管理栄養士、他コメディカルが協力、連携をして栄養管理計画書を作成しています。
栄養の調整や栄養状態の改善が必要、栄養状態に注意が必要と判断された患者さんに対しては、栄養指標となる検査データの確認、体重変化や食事・栄養量の摂取状況、嚥下状態や褥瘡の有無などを含めて総合的に栄養サポートチームが評価を行います。
また、NST回診やカンファレンスを実施して栄養改善に向けた方法を提案し、栄養管理のサポートを行っています。

NSTによるチームカンファレンス