HOME>診療科・部門>部門のご紹介>栄養管理室

栄養管理室

クックチル方式

クックチルとは、加熱調理(芯温85℃/1分以上)した食品を急速冷却し(加熱後30分以内に冷却を開始し、90分以内に芯温3℃まで冷却)、喫食時間に合せて再加熱し提供する調理システムです。冷凍保存のような食品の劣化がなく「味」と栄養分を損なわず製造日を含めて5日間の保存が可能です。
栄養量や形態が多種多様な病院給食においては、衛生管理をより理想的な形での実現、適時適温給食が可能となります。

閉じる