page top

外来予約へ
HOME>診療科・部門>診療科のご紹介>パーキンソン病センター 診断のための検査

パーキンソン病センター

診断のための検査

パーキンソン病やレビー小体病の診断には病気の経過、診察所見に加え、MRIやMIBG検査などが参考になります。

パーキンソン病では脳内のドーパミン神経細胞数が減少していますが、これをMRIで確認することはできません。つまり、パーキンソン病患者さんの脳MRIは基本的には異常が見られません。一方、多系統萎縮症進行性核上性麻痺の患者さんでは脳MRIで特徴的な所見が見られることが多いので、診断に重要な所見となります。

また、心筋MIBGシンチグラムは、心臓の筋肉内のノルエピネフリン神経の密度を調べる検査です。最近の研究によって、心臓のノルエピネフリン神経がパーキンソン病レビー小体病の患者さんの大部分で減少することがわかってきました。したがって、これを調べることにより、より正確な診断が可能になります。
心筋MIBGシンチグラム

正常な場合は、検査では左の写真のように心臓の部分が黒く見えます(矢印)。一方、心臓の交感神経が減少していると右の写真のように心臓の部分は黒く見えません(矢印)。この検査は、内服薬の影響や心臓の機能の影響受けますので、これらを加味して結果を判断する必要があります。このほかにも種々の検査が診断に有用です。詳細は担当医にお尋ねください。