page top

多発性硬化症センター

国立病院機構宇多野病院 関西脳神経筋センターでは、
多発性硬化症センターを開設しています。

 多発性硬化症(以下、MS)は、昭和47年から始まった我が国の難病対策の一つとして当初から取り組まれてきた神経難病であり、免疫性神経疾患の代表的な疾患です。
40年以上にわたって、多くの研究がなされることで、注射薬2種類/3製剤(インターフェロンβ、グラチラマー酢酸塩)だけでなく、経口薬でも治療することが可能になり、現在2種類の内服が市販化(フィンゴリモド、フマル酸ジメチル)されています。また、強い効果をもつ点滴1種類(ナタリズマブ)も市販化されています。
一方、MSと考えられていた疾患の中に、異なる病気、視神経脊髄炎(以下、NMO)が含まれていることが2005年頃に判明しました。NMOにはMS治療薬が無効と考えられているために使用できず、10年以上経過した現在でも、NMOには承認薬が存在していない状況です。

 平成26年に難病法が成立し、難病患者への新たな取り組みが始まっています。当院臨床研究部の田原将行が研究代表者となり、難治性疾患実用化研究事業によって、未だ治療薬のないNMOの治療薬開発(RIN-1試験研究班)に取り組んでいます。

 同時に、平成29年には難治性疾患政策研究事業によるMS/NMO診療ガイドライン2017(医学書院)が発行されています。日本神経学会監修の診療ガイドラインであり、当院臨床研究部(田原将行医師)も協力を行なっています。

受診の予約(平日9:00~17:00)は、当院地域医療連携室で行っています。

予約電話番号:075−461−5121

※神経免疫外来診察日(田原)は、月・木曜日 午前中 (予約制)になります。