国立病院機構|宇多野病院|関西脳神経筋センター

診療科のご案内 > 神経内科 

患者さまとご家族の方へ

神経内科

特色

症状のご相談
  • 当院は厚生労働省より神経難病を中心とした神経筋疾患の基幹施設として機能づけられており、また、日本神経学会教育施設として認定されています。
  • 当院では各分野における専門家が揃っており、他の診療科と密に連携をはかり、診断と治療をすすめています。また神経難病についての臨床研究を行い、日常診療に役立てる努力を続けています。
  • 多発性硬化症、重症筋無力症などの神経免疫疾患、パーキンソン病の治療は、最新のエビデンスに基づいておこなわれ、治験も含めて、多くの実績があります。筋萎縮性側索硬化症、脊髄小脳変性症、多系統萎縮症、末梢神経障害、筋疾患など他の神経疾患についても最新の治験をとりいれた診療をおこなっています。
  • 診療のための最新診断機器(MRI、ヘリカルCT、SPECT、筋電計、睡眠時無呼吸検査装置など)や治療機器(血漿交換装置)を備えており、月曜日から金曜日の毎日、外来を開いています。下記のような症状のある方は当科でご相談ください。
    • 頭が痛い。めまいがする。
    • もの忘れをしやすい。
    • しゃべりにくい。
    • ものが二重に見える。まぶたが重い。
    • 水分や食事がうまく飲み込めない。むせる。
    • 手がふるえる。動作が遅い。細かい仕事がしにくい。
    • 歩きにくい。フラフラする。
    • 手足に力が入らない。手足がやせてきた。
    • 手足がしびれる。手足が痛い。
    • 尿や便が出にくい。
ページトップへ

スタッフ

院長 杉山 博
副院長 澤田 秀幸
臨床研究部長 大江田 知子
診療部長 山本 兼司
医長 水田 英二
医長 須藤 慎治
医長 木下 真幸子
医長 田原 将行
医師 梅村 敦史
医師 冨田 聡
医師 髙坂 雅之
医師 朴 貴瑛
レジデント 田口 智之
レジデント 上原 尚子
レジデント 松成 亮太
レジデント 須藤 素弘
レジデント 伊藤 芳恵
レジデント 大原 寛明
ページトップへ

治験について

多発性硬化症(注射薬、内服を治験中)
パーキンソン病(内服薬を治験中)
アルツハイマー病(内服薬と貼付薬を治験中)
筋萎縮性側索硬化症(ALS)(注射薬を治験中)

治験については治験管理室のページをご覧ください。
お問い合わせは病院代表電話 075-461-5121におかけになって、交換手に治験管理室、とお伝え下さい。

ページトップへ