国立病院機構|宇多野病院|関西脳神経筋センター

診療科のご案内 > 小児神経科 

患者さまとご家族の方へ

小児神経科

特色

子供は生まれてきて、歩けるようになり、話せるようになり、他人と関わりを持ち、一人前の社会人へと発達成長してゆきます。その過程には、脳の成熟が深く関わっています。

小児神経科とは、
このように成熟してゆく子供の脳
脳と体をつなぐ神経
体を動かす筋肉

の成熟、働きがうまくいかなくなる疾患を診てゆく小児科の中の専門分野です。

お子さんの発達で気になること、例えば、
なかなか歩かない
言葉が出ない
友達と遊ぼうとしない
学校でトラブルが多い、、、、、、、等々

ありましたら、お気軽に御相談下さい。

また、小児期に脳、神経、筋肉の疾患と診断され、子供の頃は病院を受診していたが、成人してから、病院にはいっておらず、相談したいが、相談できるところがないと困っておられる方も、可能な限り対応させていただきます。

診察は月、火、水、木、金で全て予約制です。地域医療連携室075-461-5121に御一報ください。

主に以下のような事を心配されて、当科を受診されています。

”てんかん”じゃないかしら?

「突然からだがガクガクなった。」
「突然意識がなくなって倒れた。」
「一瞬ぼーとして、すぐもどった。」


いずれもてんかんの可能性はあります。てんかんの症状は人によって様々です。詳しいその時の状況をきくこと、脳波検査がまず最初のステップです。

”神経、筋疾患”じゃないかしら?

「なかなか歩かない」
「歩き方がぎこちない」
「力が弱い」

歩く時期や、筋力には個人差がかなりあります。ほとんどの方は経過をみている間に、心配なくなる事が多いです。病気が疑われる時は、血液検査等が必要となります。

“自閉症”、“アスペルガー症候群”、“学習障害”、“ADHD“じゃないかしら?

「言葉がなかなかふえない」
「おちつきがない」
「友達に関心がない」
「よくしゃべるわりに、作文となると数行しか書けない」
これら、軽度発達障害に分類される疾患に関しては、種々の情報が入り乱れている状態です。親として、どうしたらよいのか迷われている方も多いと思います。まず、おちつきましょう。そして、目の前のお子さんをよーくみてください。その子が自閉症であれ、そうでなかれ、その子はその子で変わりありません。
自閉症であるかどうかの診断も大切ですが、当科では、この子には、どういう特徴があって、どう対応してゆくのがよいのかをより大切に診察を心掛けています。
親御さんだけでの、相談も可能です。

“心身症”、“不登校”じゃないかしら?

「朝になると、お腹が痛くなるんです」

どう対応したらよいのかわからない、という親御さん、学校の先生が沢山おられます。まず、今までの皆さんの取り組みを見直してみませんか。その中に、きっとヒントは隠れています。一緒にさがしてみましょう。
親御さんだけでの、相談も可能です。
その他に遺伝相談、頭痛相談を行っています。

遺伝相談

遺伝性の疾患であると診断されたり、そのような方が家族におられると、
「自分はこれからどうなるんだろう?」
「結婚はできるんだろうか?」
「自分の子供はどうなるんだろう?」
「出生前診断って何?、できるの?」
「兄弟はどうなんだろう?」等々

色々と心配な事が出てきます。そのような事に対応させていただくのが、遺伝相談です。遺伝に詳しい専門医師と遺伝カウンセラーの2人で対応させていただきます。木曜日午後に行っております。電話で予約を取る時に、「遺伝相談を希望します」とお伝え下さい。専門医師に転送し、詳しく相談内容をお聞かせいただきます。また、医師が多忙な場合には、後日電話をさせていただくかもしれません。病院から連絡してもよい電話番号をお教え下さい。

頭痛相談

あまり知られていませんが、子供にもいわゆる“頭痛持ち“はいます。

典型的な症状は時々「頭が痛ーいっ」と訴え、場合によっては吐いたりすることもあります。かなり、激烈な痛みで、多くの場合ごろごろしだし、寝てしまいます。数時間して起きると、元気になっている、といった感じです。

大半は片頭痛で体質的なもので、心配はありません。
小児でも、予防薬などありますので、頻度が多かったり、心配が強い場合には、御相談ください。

心理専門職

小児の発達診断およびそれに関する家族の方への助言、心理的障害を持つ患児のカウンセリングなどを行っています。

療育指導科

医療チームの一員として児童指導員と保育士が配置され、筋萎縮症病棟において、社会福祉に関する知識や技術を基礎として、入院患児、患者さまの生活能力の保持、発展を図り、関係機関や保護者などの相互間の調整を行っています。

ページトップへ

スタッフ

医長 白石 一浩 小児神経の専門医であり、臨床心理士の資格も持っています。
子供の脳、心、精神、神経、筋の問題に幅広く対応させていただきます。
医師 向田 壮一 2010年4月より、静岡のてんかんセンターからこちらにまいりました。
てんかんのお子さんを中心に診療させていただいています。
24時間のビデオ脳波や、ケトン食も試みています。
てんかんでお悩みの方のセカンドオピニオンもお気軽に。
医師 鈴木 理恵 特に神経筋疾患の診療に力をいれています。
医師 糸見 世子  

当院小児科医は以下の資格があり、以下の学会員です。

資格
日本小児学会認定医
日本小児神経学会認定医
日本臨床心理士
日本人類遺伝学会臨床遺伝専門医
日本頭痛学会専門医
日本小児心身医学会認定医

学会
日本小児科学会、日本小児神経学会
日本小児心身症学会、日本遺伝カウンセリング学会
日本児童青年精神学会、日本心身医学会
日本箱庭療法学会、日本頭痛学会、日本小児保健学会

ページトップへ