page top

外来予約へ
HOME>診療科・部門>診療科のご紹介>小児神経科 在宅支援入院

小児神経科

小児神経専門医をめざすみなさんへ

当院小児神経科は、日本小児神経学会認定の研修施設です。

当院では歴史的に筋ジス病棟を設置していた関係もあり、小児の神経筋疾患の専門病院として、京都府下の筋ジストロフィー、ミオパチー、脊髄性筋萎縮症等の患者さんが多数入院、通院されています。遺伝子検査が可能となり、筋生検の機会は減りましたが、当院では今まで行ってきた、多数の筋生検プレパラートが保存されており、実際に顕微鏡でみることができます。また、必要な患児には当院で筋生検を行っております。HE,Gomori,NADH,ATPase等の一般的な染色法、dystrophineの免疫染色、筋病理の見方も学べます。

てんかんに関しても、ビデオ脳波専用の病室があり、静岡てんかん神経医療センターで研修されてきた先生を中心に精力的に診療をおこなっています。また、京大神経内科、脳外科とも連携して、てんかん外科も行っています。

指導医は臨床心理士の資格も持ち、日本児童青年精神医学会会員、小児心身症学会会員でもあり、発達障害や心身症の対応も行っています。

入院患者は30人前後で、おもに神経筋疾患、てんかんの方です。外来には週に数名の新規患者が来院されます。大変難しい症例が多く、大変勉強になります。

近くには京大、府立医大があり、毎月症例検討会等でお互いの症例を出し合って、広く経験をシェアーし合っています。興味があれば、大学院に進まれ、京大小児科でおこなっている、神経や筋肉の再生の研究にも参加可能です。

当院は京都市右京区の世界遺産に囲まれた所にある、ゆったりとした病院です。小児神経に関心のある方はもちろん、京都で小児科をやってみたい方、子育てもしっかりやりたい女性の方、御関心のある方、一度コンタクトとってください。

小児科医長、白石一浩
mail : kshiraishi@unh.hosp.go.jp