page top

回復期リハビリテーション病棟

回復期リハビリテーション病棟とは

回復期リハビリテーション病棟急性期治療が終了した脳血管疾患や大腿骨頸部骨折などの患者さんに対し、集中的な機能回復リハビリテーションを実施することにより、寝たきりを防止し、在宅復帰が可能となるように治療を行う病棟です。

チーム医療で治療やケアに当たります

患者さん毎のリハビリプログラムに基づき、医師、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、社会福祉士、薬剤師、管理栄養士が共同で集中的なリハビリを提供いたします。

対象の疾患について

疾患 発症からの期間 入院可能期間
脳血管疾患、くも膜下出血のシャント手術後、脳腫瘍、脳炎、急性脳炎、脊髄炎、多発性神経炎、多発性硬化症等の発症後もしくは手術後の状態 発症後
または手術後
2カ月以内
150日以内
高次機能障害を伴った重症脳血管障害等 180日以内
大腿骨、骨盤、脊椎、股関節・膝関節の骨折等の発症後または手術後の状態 90日以内
外科手術または肺炎等の治療時の安静により廃用症候群を有しており、手術後または発症後の状態
大腿骨、骨盤、脊椎、股関節、膝関節の神経の損傷後で筋または靭帯損傷後の状態 発症後
または手術後
1カ月以内
60日以内
股関節または膝関節の置換術後の状態 90日以内