国立病院機構|宇多野病院|関西脳神経筋センター

病気について知りたい > 麻酔Q&A 

患者さまとご家族の方へ

神経内科

麻酔Q&A

麻酔をかけるのは誰ですか

当院では、小さな手術で、いわゆる局所麻酔をする場合には担当の外科医が麻酔を行いますが、それ以外の麻酔は麻酔科の専門医が担当します。手術の日程が決まりましたら麻酔科医が診察にうかがいます。

麻酔科医は何をするのですか

麻酔科医は、手術の方法、あなたの全身的な健康状態(とくに、心臓や肺のはたらき)などを検討したうえで、あなたに最も適した麻酔方法を決めます。

手術室では麻酔をかけるだけでなく、手術中はあなたのからだ(脳、心臓、肺、腎臓など)のはたらきを監視し、あなたが一番良い状態で手術が受けられるように、麻酔のクスリの量や血圧の調節などを行い、必要に応じて点滴や輸血を行います。

さらに、手術が終わってから、手術の痛みを和らげる方法を指示したり、酸素吸入をいつやめるか、水分をいつから飲めるかなどを主治医と相談して決めます。手術後に人工呼吸が必要な場合には、その指示も麻酔科医が行います。

麻酔にはどんな方法があるのですか

大きく分けて、全身麻酔といわゆる半身麻酔があります。

全身麻酔は注射とガスのクスリを組み合わせて意識をなくしてしまう方法です。注射のクスリは点滴から、ガスは口に当てたマスクあるいは口からのどに入れた管を通して肺から、体の中に入ります。手術中の記憶はなく、手術の途中で麻酔が覚めることはありません。

半身麻酔には脊椎(せきつい)麻酔硬膜外(こうまくがい)麻酔の2種類の方法がありますが、いずれも背骨のすき間から特殊な針で麻酔のクスリを脊髄(せきずい)に効かせる方法です。

へそあるいは胸から下の半身の感覚がなくなります。左右のどちらかをよく効くようにすることもあります。そのままでは意識があるため、物音は聞こえます。意識をなくすには全身麻酔を一緒にするか、睡眠薬の注射をする必要があります。

麻酔方法はどうやって決めるのですか

手術する部位、手術にかかる時間、あなたの健康状態あるいはあなたの希望によって、麻酔科医があなたと相談のうえ決めます。麻酔方法にはそれぞれ利点、欠点(副作用、偶発症など)がありますので、麻酔科医に説明をよく聞き、あなたが納得したうえで同意してください。

麻酔は安全ですか

麻酔は手術を受けるため欠かせない処置で、麻酔自体が病気を治すわけではありませんので、わたしたちはいつも100%安全な麻酔を目指して努力しています。

現在使用されている麻酔のクスリは安全性の高いものばかりで、医療機器の性能も向上していますので、麻酔は以前と比べれば安全となっています。

しかし、麻酔はヒトのからだのはたらきに大きな影響を与える処置であり、全く安全とは言い切れません。そのため、手術前に周到な準備をし、最新の監視装置とともに、必要なクスリと機器を備えて麻酔に臨んでいます。

また手術前のあなたのからだの状態によっては、麻酔科医の判断で、追加の検査や治療をするために手術日程を延期することもあります。

麻酔科診察までに準備することはありますか

あなたの健康状態や過去にかかった病気は麻酔に大きな影響を与えます。以前にかかった病気の種類、現在もその治療をしているのか、手術をしたことがあるのか、どんな麻酔で手術したのか、麻酔は順調であったかなどを思い出しておいてください。

非常にまれにしかありませんが、麻酔に関係して高い熱が出て、全身の筋肉が固くなり、処置が遅れると死亡することもある病気(悪性高熱症といいます)が肉親の方にあれば必ずお知らせください。

全身麻酔では人工呼吸用の管を口から入れますので、グラグラした前歯を傷めることがあります。歯の具合によっては歯科の治療をお願いすることもあります。

体に合わないクスリ、食べ物、またタバコやお酒の習慣についてもお知らせください。なおタバコは麻酔の経過に悪い影響(たんが増える、酸素が体に入りにくくなるなど)を与えますので、ぜひやめてください。

現在のんでいるクスリもすべて教えてください。

手術当日に注意することは何ですか

麻酔中や麻酔のあとに嘔吐すると、呼吸ができなくなったり、肺炎を起こすことがありますので、手術する当日は食事(もちろん菓子類も)が食べられません。お茶や水もとくに指示のない場合以外には飲めません。ただし、麻酔の準備に必要なクスリをのむときだけは一口の水を飲んでもかまいません。

クスリをのむまでにトイレは済ませておいてください。

手術当日は、入れ歯、指輪、ネックレスなどははずしておいてください。補聴器はつけたままで構いません。

手術室に入ってから何をするのですか

手術室に入るまではほとんどの方は意識がはっきりしています。

最初に、血圧や心電図などをはかるためにコードを体につけます。
次に点滴の注射をします。痛み止めのテープを張りますが、少し痛みを感じます。

全身麻酔の場合、点滴からクスリを入れますとすぐに麻酔が効いてきて、何もわからなくなります。

半身麻酔では、点滴をした後に横向きになって、背中または腰から麻酔の注射をします。痛み止めをしますが、少し痛みを感じます。まれに一瞬足のほうに電気が走るような感じがすることがあります。麻酔が効いてくれば下半身がポカポカして、やがてシビレがきれたような感じになります。

全身麻酔を一緒にする場合には半身麻酔が効いてくる前に注射またはガスの吸入により意識がなくなります。

麻酔が効いてからは何をするのですか

全身麻酔中は、自分の力では呼吸ができませんので、麻酔が効いて何もわからなくなってから口からのどに人工呼吸用の管を入れます。

腎臓のはたらきを知るために、麻酔中の尿量をはかります。そのため尿道からぼうこうに管を入れます。この管は手術の後もしばらく入っています。

心臓の病気がある場合や出血が多くなることが予想される場合には、首や鎖骨の下から心臓近くにある太い血管に特殊な点滴用チューブを入れます。また血圧を測るため、手首の動脈にプラスチックの針を刺すことがあります。

麻酔中は、血圧が上がり過ぎたり,下がり過ぎたりすることがあります。処置が遅れると脳や心臓,腎臓などに障害を起こし,生命にかかわることがありますので,クスリや点滴などにより適切な処置をします。

いつ麻酔から覚めるのですか

手術後の痛みの感じ方には個人差が大きく、早い人では病室に帰った頃から痛みを感じますが、翌日になってもほとんど痛みを感じない人もいます。硬膜外麻酔を行った場合には、手術後にも麻酔のクスリを入れているので、あまり痛みは感じません。じっとしていても痛みがある場合には、痛み止めのクスリを使いますので、がまんしなくて、遠慮なく「痛い」と申し出てください。

手術中にからだが冷えるため、病棟に帰ってから、寒さを感じたり、からだがふるえることがあります。電気毛布を使用しても温まるには2~3時間かかります。麻酔や手術の影響で吐き気や嘔吐が起こることがあります。何回もくり返す場合には吐き気止めのクスリを使います。

麻酔中の人工呼吸の影響で、全身麻酔後の1~2日間は、のどに違和感があったり、少し声がかれることがあります。

いつから水を飲んだり、食事ができるのですか

ほとんどの場合は手術の翌日になります。あなたの胃腸の動き、オナラの具合、吐き気の具合などから判断します。

腹部の手術ではもう少し時間がかかります。

十分な食事ができるまでは点滴で栄養や水分などを補います。

ページトップへ