国立病院機構|宇多野病院|関西脳神経筋センター

病気について知りたい > 高齢者がよく生きるためのQ&A 

患者さまとご家族の方へ

神経内科

高齢者がよく生きるためのQ&A

メタボリックシンドロームって何ですか?

メタボリックシンドロームの指標

立った姿勢で軽く息を吐いたときのへそを通るウエスト周囲径が男性で85cm、女性で90cmを越えると、内臓脂肪(=腹腔内脂肪)がたまっているとされます。中性脂肪が高い(>150mg/dl)、高血圧がある(>130/85)、空腹時高血糖(>110mg/dl)の3項目中2項目以上あれば、メタボリックシンドロームにあてはまります。

つまり肥満、高血圧、糖尿病、高脂血症をあわせ持つ人をこのように呼び、脳卒中や心臓発作のリスクが高いので注意を喚起しています。つまり、体型にその人の生活習慣・食生活が現れ、病気になる危険性が見えるというわけです。40才を過ぎると顔にその人の人間性が表現されるように、体型にも現れ、どんな病気になるか予測できるというわけです。生活習慣病とかって呼ばれていたものが今、メタボリックシンドロームと言われています。

メタボリックシンドロームのためにたくさんの薬をのんでいる患者さんがいます。次々と新しい薬が出て確かに血圧は下がり中性脂肪は下がります。それなのに、あるいはそれだから患者さんは、生活習慣を改めるというもっとも大事なことに無関心です。薬を服薬すると言うことは、その薬の副作用よりも効果の方が大きいと判断されるからで副作用がないということではありません。

ページトップへ