国立病院機構|宇多野病院|関西脳神経筋センター

病気について知りたい > 高齢者がよく生きるためのQ&A 

患者さまとご家族の方へ

神経内科

高齢者がよく生きるためのQ&A

顔面けいれんで手術をするかどうか迷っています。どうしたらいいでしょうか?

顔面けいれんを含めて機能的脳外科手術は、よく聞いてよく考えて手術されることをお勧めします。手術をしないで経過を観察するという選択肢もあります。手術を行う医者との信頼関係が大事です。信頼関係が築かれないうちに手術をすることは危険です。

話をしていてなるほどと分かる場合は、話す医師も病気のことがよく分かっています。患者の苦しみが理解でき、手術による改善の期待率と予期せぬ合併症の可能性について、わかりやすく説明できる医者を選んで下さい。わからない場合はセカンドオピニオンを求める権利が患者さんにはあります。さらに同じ病気で手術した患者さんに様子を聞いてみるのもよい方法です。

メタボリックシンドロームの指標手術する外科医の側からはどれくらい困っておられるかによります。手術方法、おこりうる合併症、自分の手術症例の話をして、軽症なら手術をしないでしばらく経過を観察し、手術をするなら体調の一番良い時期にするように話します。どんな些細なことでも納得の上手術されることが大事です。

外傷やクモ膜下出血では緊急手術になります。脳血管障害の予防や機能的脳外科手術では信頼できる医者をさがすことが大事です。

ページトップへ