桜と花のある風景

当院の敷地には50種にも及ぶ桜の木があります。春になると院内はピンク色に染まり、美しい光景がひろがります。早春には、一条通りに沿って、寒緋桜が咲き、春の訪れを知らせてくれます。陽春には敷地内のあちらこちらに、染井吉野、紅八重しだれ、朱雀などの花が開きます。

  • 関山

    関山

  • 兼六園菊

    兼六園菊

  • 染井吉野

    染井吉野

  • 天の川

    天の川

そして晩春には関山、松月、鬱金などがつぎつぎと開花し、患者さまや病院を訪れる皆様、職員の目を楽しませてくれます。とりわけ、花びらが緑の御衣黄と呼ばれる珍しい桜があり、観光客から、「どこにあるのですか。」と尋ねられることもあります。

  • 天の川 花

    天の川 花

  • 御衣黄

    御衣黄

  • 4病棟前

    4病棟前

  • 筋ジス病棟前

    筋ジス病棟前

桜を眺めながらのリハビリや家族との散歩、語らいは穏やかな時間が流れ、闘病や療養をされている患者さまの心を和ませてくれます。
一説によりますと、この一条通りには造園家が多く住んでいました。造園地には色んな品種の桜の木や苗木があったのですが、戦時中食料が不足となり、畑に転用されることになりました。造園家たちはその苗木を切り倒すのにしのびず、当院に疎開させたといわれています。

  • 別棟

    別棟

  • 生理検査室横

    生理検査室横

  • 中庭

    中庭

  • 研修棟前

    研修棟前

また病院の西方に“桜博士”と呼ばれた先代の佐野藤右衛門氏の桜園があります。戦時中に、警察から鑑賞用の桜を伐採し、食料増産に励むようにと命ぜられて、先代佐野氏は泣く泣く桜の苗木畑を藷畑にしたそうです。その時、苗木を当院の敷地の方々に植えられたそうです。
いずれの説も歴史があり、今では京都の桜のかくれた名所となっています。

  • 正面玄関から

    正面玄関から

  • 正面玄関から

    正面玄関から

  • リハビリ棟中庭

    リハビリ棟中庭

  • リハビリ棟中庭

    リハビリ棟中庭

しかし、近年駐車場の確保、建物の拡張等で桜の引っ越し、木々の伐採を余儀なくされていることも現実です。
患者さまに快適な療養生活を過ごしていただくためにも、この美しい環境を守っていかなくてはなりません。

  • リハビリ棟中庭

    リハビリ棟中庭

  • 御衣黄

    御衣黄

  • 普賢像

    普賢像

  • 数珠掛

    数珠掛

  • 松月

    松月

  • 市原虎の尾

    市原虎の尾

  • 細川匂

    細川匂

  • 関山

    関山

  • 鎌足

    鎌足

  • 太白

    太白

  • 寒緋桜

    寒緋桜

桜色に染まる景色をお楽しみいただけましたでしょうか。
自然に恵まれた敷地内に、四季折々私達の目を楽しませてくれる草花が、命を育んでいます。

  • 椿

    椿

  • 花みずき

    花みずき

  • 時計草

    時計草

  • あじさい

    あじさい

散歩をしながら、リハビリをしながら、小さな草花をみつけてみませんか。
自然に触れることで、少しでも潤いのある、元気がもらえる闘病生活であって欲しいと願っています。

  • たんぽぽ

    たんぽぽ

  • 白百合

    白百合

  • あやめ

    あやめ