うたのギャラリー

病院の玄関をぬけると、ガラス張りの小さなギャラリースペースがあります。病気と向かい合う患者さまのひとときの安らぎと、励ましの場として、昭和63年11月14日に誕生しました。かっては下駄箱があったところです。当時の事務部長、畑 実氏が発案しました。

  • うたのギャラリー1

  • うたのギャラリー2

  • うたのギャラリー3

  • うたのギャラリー4

地域の老人絵画クラブの方々の作品、リハビリで写真を撮ったり、パソコンで絵を描いたりされている患者さまの作品、一般市民の作品などを展示します。展示ジャンルは絵、手芸、写真、工芸品などさまざまです。
希望の庭と同様、うたのギャラリーは訪れる方にほっとする空間を提供し、私たちの心を和ませてくれます。

  • うたのギャラリー5

  • うたのギャラリー6

  • うたのギャラリー7

  • うたのギャラリー8

自分の作品を展示したい、皆さまにみていただきたい、患者さまに喜んでいただきたいと希望される方は、病院までご連絡をください。市民に開放されたギャラリーとしてご利用いただけます。

  • うたのギャラリー

  • うたのギャラリー

勝田さんの作品
平成17年6月にうたのギャラリーが開設されて最高齢の患者さまの作品展を開催しました。
96歳の勝田さんは、左眼がみえていません。また、脳梗塞により右手足に麻痺が残っています。90才頃から体調のいい日には利き手でない左手で絵を描いています。

  • 勝田さんの作品1

    95歳のお祝いの作品
    左上の文字は主治医が
    お祝いにと書きました

  • 勝田さんの作品2

    娘 「何を描いてんねん?」
    母 「自分の子供を大事に育てて、見ながら泳いでいるところや。
    人間だったら母性愛というところ。そういう感じはせーへんか?
    魚でも母性愛というものはあるやろ!そんなところを描いた。」

切り絵作家 田中 道男さん 作品の紹介
ボランティアで切り絵作家の田中 道男氏(「うたのフェスタ」にてギャラリー会場構成をてがける。「うたのギャラリー」にて毎年1月個展)が、展示のお手伝いをしてくださいます。
※掲載の切り絵は著作権法で保護されています。掲載切り絵の無断転載はご遠慮下さい。

京の花と寺

  • 桜

    「桜」
    六孫王神社

  • 三代梅

    「三代梅」
    勧修寺

  • 紅葉

    「紅葉」
    西明寺

  • 貴船菊

    「貴船菊」
    洛北

  • しだれ桜

    「しだれ桜」
    高台寺

   京の歳時記

  • 歳時記 1月

    1月

  • 歳時記 2月

    2月

  • 歳時記 3月

    3月

  • 歳時記 4月

    4月

  • 歳時記 5月

    5月

  • 歳時記 6月

    6月

  • 歳時記 7月

    7月

  • 歳時記 8月

    8月

  • 歳時記 9月

    9月

  • 歳時記 10月

    10月

  • 歳時記 11月

    11月

  • 歳時記 12月

    12月