国立病院機構|宇多野病院|関西脳神経筋センター

採用情報

募集について

国立病院機構宇多野病院は独立行政法人となって、地域に根ざした総合病院として、更に飛躍せんと考えています。これまでは、国の政策医療としての、神経難病患者さまを主に診療してきましたが、これからは、京北町を含む京都市西北部15万人の地域住民を対象として、総合的に診察治療ができる体制を構築します。

国立病院機構宇多野病院脳神経外科の年間手術件数は120例で、脳腫瘍、脳血管障害、頭部外傷、機能的脳外科手術を施行、血管内手術も積極的に行い、昨年度は15例でした。パ-キンソン病、てんかん、顔面痙攣、痛みなどの機能的脳外科手術を多数行ってきましたが、基本的な開頭術が上手くないと、全ての脳外科手術ができないという考えに立っています。

当科は日本脳神経外科学会専門医認定制度による指定訓練場所として認定されています。(認定番号Cー1756)

1995年から救急医療にも取り組み、循環器内科と協力して、来年度からはSCU(Stroke Care Unit)を立ち上げる予定です。

脳神経外科常勤医を2名募集します。経験年数に依りますが年収1000万、宿舎、超過勤務手当が更につきます。現在のスタッフはホ-ムペ-ジ診療科案内を御覧下さい。
3人で35人の入院患者、250人/月の外来患者を診療しています。オプションとして、神経放射線、神経病理、分子遺伝学的手法による研究も可能です。

お問い合わせは、脳神経外科 森村までお願いします。

やる気のある脳外科医を待っています。

処遇
  • 身分
    常勤職員
  • 給与等
    1,200万円~1,500万円(年収)
    業績手当(ボーナス)、超過勤務手当、宿日直手当、住居手当、扶養手当、通勤手当等含む
  • 勤務体制
    1日7時間45分勤務 週休2日制

    厚生福利、厚生労働省第二共済組合加入、医師宿舎、院内保育所、白衣貸与
    変形労働時間制が可能
    病院長の許可により兼業可能
    充実した臨床研究部があり、基礎・臨床研究が可能
    治験管理室があり存分に臨床治験ができます。治験費より、学会費、学会出張旅費、書籍費を支給する事が出来ます。
応募方法

応募は随時受け付けております。まずは下記照会先に電話かメールにてご連絡下さい。


照会先

〒616-8255 京都市右京区鳴滝音戸山町8
独立行政法人国立病院機構 宇多野病院

ページトップへ