新人ナースのあゆみ
> > 2016年5月
topにもどる 新人ナースのあゆみキャリアアップナースの紹介 あなたを育てる 私たちの職場 ナースのストーリー 病院ページ 看護師募集 看護職員就職説明会 今月のトピックス 新人教育紹介 筋ジス病棟ギャラリー紹介

【所在地】
〒616-8255
京都府京都市
    右京区鳴滝音戸山町8
電話: 075-461-5121

9月 看護の難しさや喜びを胸に

働きはじめて6ヶ月目に入り、看護の難しさや喜びを胸に日々成長している新人看護師たち。
今の心境やこれからの目標を5名の新人看護師にインタビューしました。

 

基本と笑顔を大切に、信頼され安心できる看護師に

A.Y(大阪南医療センター附属大阪南看護学校卒業)

私は学校の先生や薬剤師など夢は色々あったのですが、高校生の時に行った看護体験の際にバイタルサインを測ったり、患者さんと接したりする看護師さんの姿を見て、人と関わる事が好きだった事もあり、私もこんな仕事に就きたいと思って看護師を目指すようになりました。
私たちの学校では2年生の時に神経筋内科の病棟で実習があったのですが、そこで重症心身障害者の患者さんと関わる機会があり、ボール遊びなどのレクリエーションを一緒に経験させていただきました。その際に言葉で会話ができず、コミュニケーションが取れない患者さんが多くいらっしゃいましたが、少しの触れあいや私たちの表情を見るだけですごく喜んでくださり、言葉がなくてもコミュニケーションが取れるのだなと知りました。それで神経筋疾患の患者さんの看護をしたいと思い宇多野病院を選びました。
技術の必要な仕事なので、学生の頃とは違い、安全面や感染の事もしっかり考えながら看護をしなければいけないと思うと、難しく感じる時もありますが、自分でできる事が増えるのもすごく嬉しく、少しずつ成長してきたかなと思います。でも、まだまだしなければいけない事もありますし、もっと積極的に先輩方にも教わる事も大切なので、これからも頑張っていこうと思います。この前、他のスタッフから、患者さんが私の「笑顔がすごく安心する」と言ってくださっていたと聞きました。そんな風に思ってくださる患者さんがいるというのがすごく嬉しくて、これからも笑顔を大切にして患者さんと関わる事、もっともっと技術を磨いて患者さんが安心できる看護を提供できるようになりたいと思っています。
私の働いている病棟に、すごく憧れて尊敬する先輩がいます。その先輩のように何年経っても手順などの基本を疎かにせず、しっかり一つずつやっていける看護師でいたいと思います。そして患者さんから信頼されて安心できる、基本と笑顔を大切にした看護師になりたいと思います。

 

患者さんの人生観やこだわりなどを全部含め、受け入れて関わっていく仕事

H.M(京都医療センター附属京都看護助産学校卒業)

私の母も看護師をしていて普段から仕事の話は聞いていたのですが、私が高校生の時に、仕事の話をしながら落ち込んだり、喜んだりしている母の姿を見て看護師の仕事もいいなと思い始めたのがきっかけで看護師に興味を持ちました。その後オープンキャンパスなどに参加したり、実際に患者さんと接したり、看護師さんとも色々な話をしたりして看護師を目指そうと決めました。
私は急性期のように患者さんが短期でどんどん退院する病院より、患者さんと一人ひとり長く向き合い、信頼関係や人間関係を築いていきたいと思っていました。宇多野病院でのインターンシップの際は急性期の病棟だったのですが、他の病棟の雰囲気も色々も見せていただきました。その中で患者さんとの距離が近く、入院歴が長い患者さんの持つ人生観や患者さんのこだわりなど、患者さんがこれまで工夫してきた事も全部含めて受け入れ、関わっていく仕事がしたいと思いました。家からも近いことで宇多野病院に就職を決めました。
最初は患者さんとの関係性もあまり築けず、難しいなと思う事やどうすれば関係性を築いていけるのかと、思うところもたくさんあったのですが、勤務して5、6カ月が経ち、患者さんから「看護婦さん」と呼ばれていたのが、名前で呼んでいただくことも増えてすごく嬉しく、それでパワーをもらっている事もあります。また私の勤務する筋ジス病棟では、今まで実習などで見た事のない技術も多く、最初の1、2カ月は実際にさせてもらえる事はあまりなく、見学なども多くて戸惑う事ばかりでしたが、最近では段々とドクターと一緒にカニューレ交換に入らせていただいたり、ひとり立ちしていく事も一つひとつ増え、頑張ろうというパワーになっています。
どんなに忙しくても笑顔を絶やさない先輩や、業務に追われるだけではなく患者さんとのコミュニケーションの時間をしっかりととる先輩の姿は素敵で、人と人とが関わって看護ができていくのだなと思います。これから何年経っても、原理原則を守って看護技術を行なう事で、自分のミスもなくせると思います。いろいろな看護の技術をこれからもしっかりと習得し、患者さんとの関わりもずっと大切にして看護を極めていきたいです。

 

患者さんの楽しみを見つけて関わる温かみのある看護に惹かれて

H.T(京都府医師会看護専門学校卒業)

私の母と姉が看護師で、二人から仕事について色々と話を聞く中で、看護師という仕事に興味を持ちました。父親が一度倒れた事があり、実際に働いている看護師さんと接した時、付き添っている母に「大丈夫ですよ」と声をかけたり、色々説明をしたりして、家族に関わって不安を和らげるというか、そんな看護に触れました。その時に看護師は技術面だけではなく、精神面でも人を支えるいい職業だなと思い、進路を看護学校に決めました。
宇多野病院では何度か実習をさせていただいたのですが、1病棟での実習の際に長く入院されている患者さんがパソコンなどを使ってコミュニケーションをとったり、話せない人も多い中で文字盤を使ってコミュニケーションしたり、そういう楽しみを看護師で見つけたり、そんな関わり合いがとても温かみがあって、私も宇多野病院で働きたいと思いました。
4月の頃より、技術面では先輩に見守ってもらい1人でできる事も増えて達成感もあり、すごく充実しています。移乗の介助などで、患者さんから「移動しやすい」とか、「さっきの良かったよ」など言われると、「自分が上達しているな」と思えて嬉しく、看護をしているなと感じています。
でも、先輩に観察面で深い質問をされると、まだ抜けている部分やここはもうちょっとこうした方がよいのじゃないかなど、アセスメントの部分でまだまだ勉強が足りないと思ったりします。コミュニケーションをとれない患者さんと意思疎通ができずに失敗するなど、まだまだ難しい部分があるなと思います。
今は日々の業務でまだ慣れてない部分もあるので患者さんとの時間が取りづらいですが、患者さんとのコミュニケーションの時間を大切にしつつ、技術面では吸引など患者さんに少しでも苦痛を少なく実施できるように日々技術を磨きたいと思っています。そして、笑顔を絶やさずに安心感を与えられる看護師を目指したいと思います。

 

患者さんと一緒に看護を作っていきたい

N.T(日本バプテスト看護専門学校卒業)

私は、祖父が身体を悪くして施設に入所した際、看護師をしている叔母と一緒にお見舞いに行ったことがあります。祖父が寝ていても私は何をしてよいかのわからず、どうしようと思っていた時に叔母がサッと祖父を起こし、トロミをつけた飲み物をあげたりしているのを見て、「なんか看護師さんってすごいな」と思いました。その後、姉も看護師を目指し、その話をした時に「昔は全然そういう行動をできなかったけど、今なら叔母がしていた事をできるようになったし、色々と勉強してわかるようになった」と聞き、そんな風に自分にできる事を増やして人の為になる看護師の仕事は、すごく魅力的だと思いました。それがきっかけで看護師を目指し、看護学校2年生の基礎実習で宇多野病院の1病棟にお世話になりました。その時に患者さんのもっている力を使う工夫をよくされていたのを見ました。道具一つひとつを手作りしたり、方法や物の位置を患者さんに合わせて考えられていたり、学校で習った「患者さんに合わせて看護を作る」という事を肌で感じ、看護はこうして行くのだとすごく感動しました。私もこんな風に患者さんと一緒に看護をしていきたいと思い、宇多野病院を就職先に選びました。
働き始めて6ヶ月目に入り、まだ日々できない事の連続でへこむ事もありますが、振り返ると一人で採血に行けるようになったり、はじめは見学だった吸引も一人で行けるようになったり、少しずつ経験が積み重なっていると思う部分もあります。仕事のスピードが遅く感じて、すごく無力感があったのですが、移乗介助の際に患者さんが「いつも丁寧で優しいね」と、私の看護や接し方をそのように捉えてくださっていた事を知って、すごく嬉しく、大切にしていきたい出来事でした。
私の働く急性期の病棟は色んな患者さんが来られ、すごく学びの多い病棟です。今はまだ自分の業務で手いっぱいになっていますが、もっと積極的に学んでいきたいと思っています。そのために業務を効率良く行うことも必要だと思います。患者さんと接する時間や話す時間を作って丁寧に関りながら、患者さんとともに歩んでいける看護を行っていきたいと思います。

 

言葉で理解できなくても、じっくりと最後まであきらめない看護を

S.T(京都医療センター附属京都看護助産学校卒業)

私が小学校の時に祖父が倒れて病院に入院した際に看護師さんが優しく接してくれました。その時に看護師は、患者さんを助ける事もできるし、患者さんに優しくして不安を取り除く事ができる仕事だなと感じました。高校生になって進路を決める時、その出来事を思い出して看護学校に進学しようと決めました。
看護学校の母体である舞鶴医療センターは主に急性期なので、就職先を決める際に急性期と慢性期のどちらにするかを悩み、どちらのインターンシップにも参加しました。宇多野病院にインターンシップで来た時、舞鶴医療センターでは見たことがなかった文字盤でのコミュニケーションがすごく印象的で、看護師さんの患者さんが伝えたい事を理解するまであきらめず、ずっと接しておられる姿を見て、私も言葉ですぐに理解できなくても、患者さんの事をじっくりと最後まであきらめないで理解したいと思うようになりました。そして一人ひとりの患者さんに向き合ってゆっくりと時間をかけて関わりたいという思いから宇多野病院を選ばせていただきました。
最初は夜勤なども始まり体力的にも辛く、精神的にも余裕がありませんでした。すぐに言葉で伝えられない患者さんが多い中、ゼスチャーなどで表現されても全然わからず、先輩看護師に助けてもらいながら徐々に理解してきました。最近では周りの環境や患者さんが伝えたい事も大体わかっているため、そこから読み取って「こうですか?」と伝えると、オーケーサインなどで返していただいたりしています。そんな時は思いを汲み取る事ができたのだと、とても嬉しく思います。また何回もトイレに行きたくなる患者さんが、「ナースコールを何回も押して、看護師さんに何回も来てもらうんがすごくしんどいんや」と言っていました。その患者さんが動けない状態の時に私が受け持ち、患者さんに伝わっているかどうかはわからなかったのですが、ずっと「しんどいですね」と声をかけていました。そのあと、元気に話せるようになった時に「あの時はありがとう。優しくしてくれてすごく嬉しかった」と言ってくださったのもとても嬉しかったです。
技術面では不器用でなかなか上手くいかず、時間がかかったりしてしまうところが今は足りない部分なのかなと思います。先輩が状態を見てアセスメントする早さも私とは全然違っていたり、検温やケアする順番も先輩は優先順位をわかっていて、時間内に全部終わっています。これからも先輩の技術や看護を見て学び、研修などにも参加して疾患の知識をしっかりと持った上で、技術を磨いて患者さんに優しく接する事ができる看護師になりたいです。

 

 

▲トップに戻る


Copyright (C) 国立病院機構 宇多野病院 看護部. All Rights Reserved.