教育システム
>

【所在地】
〒616-8255
京都府京都市
    右京区鳴滝音戸山町8
電話: 075-461-5121

新人ナースのあゆみ

2018年度新人ナースのあゆみ

新人ナース

1年目看護師近況報告

R・M

入職して9ヶ月が経ちました。1日に受け持たせて頂く患者さんの人数も増え、多くの患者さんとの関わりの中で、1人で出来ることも少しずつ増えてきました。最初の頃はなかなか患者さんとも上手く会話ができませんでしたが、先輩に付いて学ばせて頂く中で日常会話の中から情報収集し会話が出来るようになってきたと思います。

時には患者さんから感謝の言葉を頂くこともあり、看護をしていくことに喜びを感じています。技術や知識の面ではまだまだ未熟な部分もあり、先輩からご指導頂きながらこれからも頑張っていきたいと思います。

R・M

働き始めて9ヶ月が経ちました。日勤・夜勤ともに受け持たせて頂く患者さんの人数も増え、少しずつですが自分の出来ることが多くなってきていることに喜びを感じながら日々頑張っています。病棟の雰囲気にも慣れてきましたが、患者さんの安全を守る為にも自分の行動1つ1つに責任感を持って看護していく必要があると感じています。

9ヶ月経ちましたが、まだまだ学ぶことがたくさんあり、今後も先輩方から頂いた指導を学びとして活かしながら患者さんによりよい看護ができるように頑張りたいと思います。

E・K

病棟看護師として働き始めで9ヶ月が経過しました。病棟で働くことや職場の雰囲気には慣れてきましたが、まだまだ先輩看護師から指導を頂くことも多く学びのある充実した日々を過ごしています。

夜勤も入るようになり、一度に20名近い患者さんを受け持つこともあります。優先順位や看護の必要度を考えて患者さん1人1人と関わることは大変ですが、患者さんがだんだんできることが増えていくたびにとても嬉しくなります。

勉強しなければいけないこともたくさんありますが、やりがいのある仕事に誇りを持って今後も頑張っていこうと思います。

M・M

入職して9ヶ月が経ち、患者さんの状態をアセスメントし必要な看護へ繋げる事が少しずつできる様になってきたと感じています。

入院中から退院後の生活を考えカンファレンスに参加し、作業療法士や理学療法士と連携を取りながら、日々の看護の中で何をすべきなのか患者さんやその家族さんの思いを理解する為に必要な事は何か先輩からの指導をもらいながら日々取り組んでいます。

これからも看護師としての自分の役割を考え、チームの一員として患者さんの希望を少しでも叶えられるような看護師になるために頑張っていきたいと思います。

N・D

入職して9ヶ月が経ちます。

最初は何をすれば良いのかわからずカンファレンスでも聞き手にまわることがほとんどでした。しかし最近では先輩の看護に対する考え方や視点を聞くことで、自ら積極的に情報収集を行いアセスメントが深められるようになりました。より患者さんに寄り添った看護をしたいと思うようになり、ケアカンファレンスでも進んで発言ができる様になりました。一年目であっても患者さんを受け持っているメンバーの一員として自身の役割に少しずつ気付けているのかなと思います。

先輩に指導してもらうことで患者さんそれぞれの個別性に気付くことも多いですが、これからも患者さんに寄り添った看護とは何かを先輩と共に考えながら学んでいきたいと思います。

A・E

就職し9ヶ月が経ちました。入職してすぐは患者さんが何を言っているのかを聞き取ることが難しく戸惑うことばかりでした。しかし、毎日あきらめずに関わってきたことで今では何を言っているのか少しずつわかるようになってきたことが嬉しいです。

人工呼吸器を装着している患者が多く4月の頃は対応が怖かったですが、何に気をつけたらいいのかというポイントがわかる様になり恐怖心はなくなりました。

今このように働けているのは先輩方からの指導・たくさんの支えと思っています。先輩方から多くのことを学び、患者さんがより良い生活が送れるように頑張ります。

M・M

卒業して9ヶ月が経ちました。入職当初は何もわからず、毎日先輩方に丁寧に指導して頂き今では入職当初よりも少しずつ出来ることも増えてきました。

当病棟は意思疎通が困難な患者さんも多く、私自身も日々の看護に精一杯で、まだまだ余裕はありませんが患者さんとのコミュニケーションを大事にし、患者さんが何を訴えたいのか考えられる様になってきました。

まだまだ未熟で先輩方から指導して頂くことも多いですが、神経筋難病を抱えた患者さんが少しでも笑顔になって頂けるような看護を目標に日々学んでいきたいと思っています。

A・M

回復期リハビリテーション病棟では、リハビリに励まれる患者さんを援助し、限られた入院期間の中で自宅または施設に退院できるように支援しています。

術後、車椅子で生活されていた患者さんが歩いて元気に退院されていく姿を見る度に、それぞれの患者さんに関われて良かったとやりがいを感じています。

たくさんの先輩方にサポート・指導してもらいながら頑張っています。まだまだ未熟者ですが、患者さんの支えて頂いている環境に感謝しこれからも頑張りたいです。

新人看護師研修の様子>>>

宇多野病院では春から入職される新人ナースに向けて応援メッセージを送っています! 笑顔で就職してきてくださった新人ナースに感想をお聞きしてみました♪

▲トップに戻る


Copyright (C) 国立病院機構 宇多野病院 看護部. All Rights Reserved.