ナースのストーリー
>
topにもどる 新人ナースのあゆみキャリアアップナースの紹介 あなたを育てる 私たちの職場 ナースのストーリー 病院ページ 看護師募集 看護職員就職説明会 今月のトピックス 新人教育紹介 筋ジス病棟ギャラリー紹介

【所在地】
〒616-8255
京都府京都市
    右京区鳴滝音戸山町8
電話: 075-461-5121

看護の現場は日々ドラマが生まれます。
このコーナーではそんな現場から、看護師のストーリーを綴っていきたいと思います。


看護師 
私が看護師になろうと決めたのは高校生の進路選択の際でした。安定した職業で女性として自立できるという理由から、家族の勧めもあり看護の道に進むことを決めました。地元である高知の・・・・つづきを読む


副看護師長 
私は、小学生の頃の入院体験から、将来は病院で勤めたいと漠然と思っていました。そして、高校生になって進路を決める時に"病院で一生働ける職業って何かな?"と真剣に考え、入院中に ・・・・つづきを読む


看護師 
私は一生を通して資格を持って働きたいという思いが強く、母の勧めもあったので、看護師を目指すようになりました。この病院を初めて知ったのは、看護学生となり、実習に来た時です。 ・・・・つづきを読む


副看護師長 
私が将来の進路を考え始めた頃は、これからは女性も働く上で資格が必要になると言われ始めた時代でした。私の祖母が看護師だったということもあり、看護師もいいかなという思いで、 ・・・・つづきを読む


看護師 
私が看護師になろうと思ったのは、両親の勧めもあり、私自身も人の役に立ちたいという思いがあったからです。そして、看護師を目指し、看護学校に入学しました。看護学 生時代の実習で、・・・・つづきを読む


看護師 
私は、母のすすめもあって看護師になりました。看護師になってからは急性期の看護にたずさわり、結婚を機に知人のすすめで宇多野病院に勤務して、現在に至っています。 宇多野病院に来たころは・・・・つづきを読む


訪問看護師 
10年間寝たきりだった同居の祖母は、ずっと訪問看護師さんのお世話になっていました。まだ小学生から中学生の私でしたが、何かあるとすぐに駆けつけてくれる看護師さんを家族が頼りに ・・・・つづきを読む


副看護師長 
以前急性期の病院で勤めていた私は、長年の経験から、看護の技術や患者さまの苦悩を理解してきたつもりでいました。しかし当院で自分の意思が伝えられない患者さまに出会ったとき ・・・・つづきを読む



▲トップに戻る


Copyright (C) 国立病院機構 宇多野病院 看護部. All Rights Reserved.